マンガから聖書がわかる不思議なWebサイト

【更新】人魚姫とリトルマーメイドから聖書解説!(1/22更新)

第11話「マンガ塩狩峠」自己犠牲は本当にクリスチャンの美徳?椎名林檎も愛した文学

塩狩峠、実話、自己犠牲、永野、三浦綾子

登場人物

兄目 葵(あにめ あおい)


主人公。マンガやアニメが好きな高校生。学校でマンガの話しをしすぎて、孤立してしまった15歳。

石本伝道師と一緒にウサギを捕まえたことがキッカケで、兎有留(とある)教会に出入りするようになる。

石本伝道師にマンガの話をしていくなかで、自分のやりたいことに向き合っていく。キリスト教のことを知りたいと思うようになり、石本から聖書の基本的なお話をきいたばかり。

石本 剛(いしもと つよし)


最近、兎有留教会に赴任してきた牧師見習いの青年。ウサギのラビーちゃんとミロを愛する34歳。葵と拓海からマンガの話を教わりつつ、たまに聖書の話しもする。過去には新興宗教の幹部候補生だったらしく……

ラビーちゃん


石本の飼っているミニウサギ。ミニといってもウサギの中では最大級に大きくなる種類。実は人間の言葉がわかる(しゃべることはできない)。性別はご想像にお任せ

登場人物

春。話すことが苦手なは、友だちができないまま高校生活のスタートを切ってしまった。落ち込んでいたところ、〈とある教会〉の牧師見習いの石本と出会う。大好きなマンガやアニメの話しならたくさん話せる葵は、石本にマンガを貸す約束をする。こうして葵は教会に足を運ぶようになるのだった。

第11話 塩狩峠

とある教会、牧師の部屋、牧師室、キリスト教会
https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

葵さん、今日は僕からマンガをプレゼントします

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

え、いいんですか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/06/rabby300x300-rev.png
ラビ―ちゃん

(葵ちゃんは『鋼の錬金術師』の話しをした後、『キリスト教のことちゃんと知りたい』と石本さんに言ったんだよね。だからここ数週間はマンガのお話はお休みして、キリスト教の基本的なお話し聞きに来てたんだよね)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

【塩狩峠】

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

小説なら中学校の学級文庫にあった気がします。でも読んだことはないです ?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

マンガなので読みやすいですよ。よかったら、と思いまして

ネタバレ注意

この記事はネタバレを含んでいます。ネタバレが嫌な方は、原作を読んでからまた遊びに来て下さい!更新のお知らせを受け取りたい方は、

をお願いします!

【塩狩峠】はどんなお話し?


漫画 塩狩峠 (Forest books)
 原作 三浦綾子 作画 のだますみ

◆ストーリー◆

東京生まれの永野信夫は、10歳まで武家であった祖母のもとで育った。母がキリスト教信者であったため祖母の家を追われたためである。祖母が死んだので母と暮らすようになるが、儒教で育てられた信夫はキリスト教を受け入れられない。

友人・吉川とその妹で病弱なふじ子に出会う。吉川兄妹は、家庭の事情で北海道へ引越したが、ふじ子の病状悪化を知り信夫もまた、北海道の鉄道会社に勤める。キリスト教を理解できなかった信夫であったがふじ子がキリスト教信者であったこと、同僚の給料泥棒事件ののち街頭演説で知り合った牧師・伊木一馬に出会い入信を決意する。

そして、ふじ子との愛を育み結婚を決意する。結納のため乗った列車が塩狩峠の勾配を登り頂点に達したとき、突如機関車と離れた車両が逆走を始めた。鉄道員として、乗客を助けるため必死に手動のブレーキに手をかけたところ、速度は落ちたものの緩やかに逆走する先に急カーブが迫り転覆の恐れが増す。恐怖に怯える乗客を救うために信夫は線路をめがけて身を投げ出した。

(引用なし、いつかみオリジナルあらすじ)

▼「塩狩峠」OR「#塩狩峠」のみんなのTweet


▼「三浦綾子」OR「#三浦綾子」のみんなのTweet


「マンガ版」塩狩峠は

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

へえー、実話が元なんですね。そんな事件があったとは…

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

そうみたいですね。北海道には記念館もありますし、有名な事件のようですね

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

このマンガを読んだら原作を知ったことになりますかね?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

原作にかなり忠実なので、大丈夫だと思いますよ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

【塩狩峠】は、キリスト教思想が色濃く反映された文学作品としても有名ですが、クリスチャンでない方にも幅広く読まれている小説です。

主人公の葛藤や成長が緻密な描写で描かれていることが人気の秘密みたいですね。歌手の椎名林檎さんなども影響を受けたとかなんとか

椎名林檎が音楽もすべてひっくるめて最も影響を受けたというのが、三浦綾子の小説『塩狩峠』だという。国語のテストで初めてそれを読み、思わず泣き出してしまったという。

(「LIFEは芸術だ!ブログ」より)

現在、この書籍の帯は椎名林檎が写真入りで推薦文を書いているという。

あの椎名林檎が!?と、ちょっと驚いた。

(「なかたのジャイアンツ日記。」より)
https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

へー…

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/06/rabby300x300-rev.png
ラビ―ちゃん

( あ、葵ちゃんはこっちでマンガを読んで、石本さんはあっちでお仕事するみたいだ)



数十分後

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

あの、読みましたっ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

おお、お早いですね。いかがでしたか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

面白かったです。絵もフツーのマンガに比べたらあっさりして、て気になるかなと思ったんですけど、慣れました。

でも…

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

気になるところがいくつかありました

クリスチャンは「人のために死ぬ」ことを求められるの?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

作中の『一粒の麦が地に落ちて死ななければ』っていう聖書の言葉が印象的でした。どんな箇所なんですか?

聖書
『よくよくあなたがたに言っておく。一粒の麦が地に落ちて死ななければ、それはただ一粒のままである。しかし、もし死んだなら、豊かに実を結ぶようになる』
(ヨハネによる福音書12章24節)
https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

聖書にこう書いてあるってことは、クリスチャンは永野さんみたいに誰かの身代わりになって死ぬことが良いことなんですか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

いえいえ、ここまですることが誰しもの目標ではないとは思います。永野青年の死は婚約者のふじこさんにとっては辛かったと思いますし

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

尊い決断だったと思いますが、誰しもがこういった犠牲を払うことを求められているわけではないハズです

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

そうなんですね…(ほっ…)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

どちらかうと言うとこの箇所は【イエス自身が死ななければならない理由】のことを指しています

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

え?どういうことですか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

キリスト教の基本的な学びをしたとき『イエス・キリストの十字架の死』についてお話ししたことを覚えていますか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

えと、イエスが十字架につけられて一回死ぬんですよね

(そのあと復活したっていうのは、信じられないけど…)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

そうです。そして、この箇所は十字架につけられる前にイエス自身が弟子のピリポとアンデレに語った言葉です。

こういう聖書箇所から、イエスは自分が十字架につけられることを知っていたということが分かりますよね

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

あ…

(まあ、そういう読み方もできるのかなぁ…?)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

イエスが十字架につくことを知っていたということは、預言の成就を意味すると同時に、イエスは自分の運命すら知っていると読みとる材料の一つとなっています。

また、「自分が拷問にかけられて死ぬことを知っていても逃げ出さなかった」という点に敬服するという人もいらっしゃいますね

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

【カードキャプターさくら】でエステル記のお話をしたときにもカンタンにお話ししました。一文が色んな伏線からなっていたり、複数の読み方ができるのが聖書なんです

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/06/rabby300x300-rev.png
ラビ―ちゃん

(背景を読み取って『正しい読み方』を勧めるキリスト教の人たちもいるって誰かに話してたなぁ。)

(確か石本さんは、「その『正しさ』って人の受け止め方によって変わっちゃったりするモノ」だから、断定できないことは断定しないって言ってたね。言い切るのは大事なところだけだって。)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

【恋は雨上がりのように】でもお話ししましたが、大事なところから外れなければ『自分』と『神さま』の間で感じたことを受け止めていいんですよ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

じゃあ、もしこの箇所を読んで『誰かのために命を差し出すこと』をしたいなって思ったら、それもいいってことですか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

はい、その決断が行われる時は、その人と神さましか立ち入れないエリアの問題でしょうから…。

もし他人である僕が「悲しい」とか「死なないでほしい」とか伝えることができたとしても…選ぶのは本人ですから。

神さまを信じるとどうなるの?残る不安を言い出せない葵…

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

『汝の敵を愛せよ』とか

『父よ彼らをお許しください』 とか

そういうの言えるイエスがすごい存在だってことは分かりました。これに感動する永野さんの気持ちもなんとなく分かります

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

でも…

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

でも?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(正直『イエス・キリストって実在の人物なの?』とか『弟子たちが都合のいいこと書き残しただけじゃないの?』レベルの疑問が出てきたなんて言いづらい…。)

(この人たちはそれを信じてる前提なんだし、偏った話しか教えられないじゃないかなって…)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(言うのやめとこう。いくらなんでも空気読まなさすぎな質問だもん。そんなことより『信じる』ことが大事なんだよね、きっと。も少し別の感想を言おう)

(えっと…)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

…こういうの読むと、キリスト教って信じてもイイ事ないのかなって思うんです

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

ほうほう

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

永野さんだって結局、結婚して幸せになる前に死んじゃうし…。キリスト教は信じるだけでいいけど、なにもトクしないって証明してるようなもんじゃないですか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(私はお母さんやお姉ちゃんが私のこと認めるようになってほしいとか、 学校でぼっちの昼休みを過ごしたくないとか思ってる)

(…キリスト教ではこういうご利益は叶えられないってことだよね)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

確かに、キリスト教が言う『救い』とは『神さまとの関係の回復』ですから、なんじゃそりゃと思われる方が多いのも分かります

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

ただ、『神さまとの関係』が回復すると、考え方が変わったりすることもあるんです。

『神が自分に何を求めているのか』と表現する方もいらっしゃいます。…なっていくように祈りつつ歩む という点でかなり変わっていくと思います

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(そんなふうに変われたらいいのかもだけど、それってやっぱり周りの人が変わるわけじゃないんだ。)

(結局は自分の器が広くなって事態がよくなるとか、そんな話しなんだ)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(そんなの、ちょっと物足りないかも)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

CCさくらの話しでもしたように、「神さまのルールを守ること」は救いの条件ではないのです。

『神が自分に何を求めているのか』を求める意欲も神から与えられると考えて、気楽に考えていればいいと思いますよ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

………

とある教会、キリスト教会、夕暮れ、夕焼け、いつかみ、マンガ、聖書
https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

そういえば葵さん、先日した『聖書のキホン的なお話』はいかがでしたか?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

えっ、あ…はい、興味深かったです

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

『神さまは私を愛してる』『人間には罪がある』『神さまと人間の橋渡しはイエス・キリスト』『信仰によって罪が赦される』

(ってお話のことだよね)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

もし葵さんが信じたいと思われるのでしたら、一度ご両親にもお話しておいたほうがよいのかなと思うのですが。そのあたりはどうでしょう?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

え…っ(あんまり言いたくない…)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

というか、もし『信じたい』って言ったらどうなります?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

『信じたいと言う』と?うーん、外側からの大きな変化はないかと思います。

ご希望でしたら洗礼の準備に移ります

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

洗礼!?

(まだそんな大きな儀式してもらうほど覚悟してないし…っ)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本


「あ、すみませんすみません。そうですよね、急ですよね。…まずは礼拝に参加されてはいかがでしょう?

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(信じるだけでいいって言うわりに『洗礼』なんて儀式しなきゃいけないのか…それもちょっと矛盾してないかな)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

( その…洗礼受けたら礼拝には毎週参加しなくちゃいけなくなるんですか? )

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

ああ、いえいえ。礼拝への参加は権利であって義務ではないんです。確かに聖書は礼拝についてこう言っていますが

聖書

『安息日を覚えて、これを聖とせよ』
(出エジプト記20章8節)

『ある人たちがいつもしているように、集会をやめることはしないで互いに励まし、かの日が近づいているのを見て、ますます、そうしようではないか』
(ヘブル人への手紙10章25節)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

それと同時にこんな箇所もありまして

聖書

『だから、あなたがたは、食物と飲み物とにつき、あるいは祭りや安息日などについて、だれにも批評されてはならない。これらは来たるべきものの影であって、その本体はキリストにある』
(コロサイ人への手紙2章16節17節)

『また、ある人は、この日がかの日よりも大事であると考え、ほかの人はどの日も同じだと考える。各自はそれぞれ心の中で、確信を持っておるべきである』
(ローマ人への手紙14章5節)

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

ですから、葵さんが『礼拝に参加したい』と思うならその気持ちを大事になさってください

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/08/chara-ishimoto-300.png
石本

この前に紹介した創くんもだいたい来てますよ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

えっ

いつかみ,葵、創を思い浮かべる
https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

(あの人か…マンガの話できるなら、ちょっと行ってみてもいいかも)


https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

塩狩峠、悪くはなかったんだけど……

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

なんかこう、キリスト教のことまだしっくりこないからかな。そこまで感動はしなかったかなぁ

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

「まあ…これから感動するようになるのかもしれないし。ヒカルの碁の佐為みたいに、とりついて助けてくれたら分かりやすいのになぁ。

ヒカ碁の話しだと『天使が見えるようになるわけじゃない』らしいけど、私の気持ちは自然と変わっていくのかも」

https://itukami.lampmate.jp/wp-content/uploads/2018/03/aoi.jpg
あおい

礼拝は一人じゃ怖いから拓海も誘ってみよう。これから先、何かイイ方向に変わっていくんだよね、きっとーー



今日の石本さんはちょっと強引だったかもしれないね。葵ちゃんは、まだ信じることはできないけど礼拝には来てくれるみたいだね
ラビー’s聖書ポイント

・イエスは「自分が十字架にかかることを知っていた」ことも、イエスが救い主(神さま)であるとクリスチャンが信じるポイントの一つだよ。

・クリスチャンになったら誰でも自己犠牲を求められるというのは間違いだよ。「神さまが喜んでくれる生き方」を探していくことは良いことだけど、それも個人が聖書を読んだりお祈りするなかで気持ちが与えられたら実行すればいいことだよ。

・日曜礼拝は、神さまを信じた人たちの権利であって義務ではないよ。

▼この記事を読んだ人はこんな記事もおすすめ
恋は雨上がりのように、あきら、店長、挫折、キリスト教第4話「恋は雨上がりのように」挫折と神と恋心 カードキャプターさくら、ccさくら、エステル、知世、怖い第8話「カードキャプターさくら」知世が怖いってどういうこと?さくらの可愛さはエステル?

【マンガ塩狩峠】を読んでみたい方は

マンガ紹介

【マンガ塩狩峠】は、紙の本のみです。お近くの本屋さんで取り寄せることもできます。おすすめは通販です。

小説はキンドルで無料取り扱いされています。

また、三浦綾子さんの小説でもう一つ有名なのがデビュー作「氷点」です。こちらも塩狩峠に負けず劣らず現代でも読み継がれている名作です。

「氷点」もマンガ版がありますが、こちらは「Renta!」でしか見つけることができませんでした。

氷点【全2巻】完結

小説を読む時間がないけど漫画なら…という方はRenta!よりご購入ください。

【聖書】を読んでみたい方は

聖書アプリ紹介

YouVersionというアプリがオススメ。

  • 完全無料(アプリ内課金もナシ)
  • 読んだ箇所にマークがつけられる
  • 好きな聖書プランを選べる
  • SNSとしての機能もアリ。思わぬ人がクリスチャンだったりするかも
  • 色んな訳が読める(デフォルトで日本語訳2つ、英語訳2つ)
  • 手軽にシェアできる

などの理由でオススメの聖書アプリです。